シドニー日本商工会議所
ENGLISHI
シドニー日本商工会議所とは

  ・シドニー日本商工会議所の概要
  ・組織と事業活動
  ・役員
  ・部会・委員会
  ・JCCIの刊行物
  ・全豪日本商工会議所連合会
  ・入会案内
  ・アクセスマップ
  ・
お問い合わせ

会議・セミナー・講習会の予定


JCCI NEWS


シドニー情報


各種リンク

  ・会員リンク
  ・日豪経済委員会
  ・お薦めリンク集

ログイン




 28〜30/09/2011

シドニー総領事館と合同で「北部準州官民合同ミッション」を実施

 
(北部準州ポール・ヘンダーソン首席大臣主催 歓迎レセプション)

 シドニー日本商工会議所(会頭・秋田大三郎=豪州三井物産)は、在シドニー日本国総領事館と合同で、9月28日〜30日に北部準州官民合同ミッションを実施し、小原総領事、秋田会頭の他、シドニーやメルボルン、パースなど在豪の日本商工会議所会員企業等33人が参加した。
 同ミッションは天然資源・観光資源のポテンシャルの高い北部準州の経済、注目産業や伝統産業について学び、準州政府および企業関係者等との交流を深め、日本・北部準州の経済関係の将来的な発展の可能につなげる目的で、北部準州政府の協力のもと、実施された。
 初日は北部準州の首都ダーウィン市内のParliament House内でポール・ヘンダーソン首席大臣主催の歓迎レセプションが行われた。レセプションには首席大臣の他、トム・ポーリング準州政府行政官、地元経済人らが参加した。
 2日目は北部準州政府による貿易・投資セミナーが行われた。同セミナーにおいて、ヘンダーソン首席大臣より、ダーウィンは豪州からアジアへの玄関口である、資源に恵まれた同州はインフラ整備等にも力を入れており、日本企業による今後の同州でのビジネスに期待する旨、スピーチがあった。また、準州資源省・観光局・電力・水公社、INPEXから、それぞれ、北部準州の経済およびビジネス・チャンスに関し、レクチャーが行われた。セミナー後、一行はダーウィン港やダーウィンLNG施設(オペレーター:ConocoPhillips)を視察した。
 3日目は官営のダーウィン・アクアカルチャー・センター(バラマンディー等水産養殖所)、パスパレー・パール社を視察した。
 ミッション参加者の中には、ダーウィンを初めて訪問する人も多かったが、北部準州経済の成長可能性を探り、準州政府関係者等と知り合う良い機会となった。
 


(ConocoPhillips社 ダーウィン LNG施設を視察)



▲ JCCINEWSへ

Copyright(C)2004-2005, Japan Chamber of  Commerce &  Industry, Sydney Inc.